風の記憶

the answer is blowin' in the wind

蕎麦の花が咲く頃に

 

 



庄内地方に蕎麦の花が咲きました。

蕎麦はタデ科ソバ属の一年草です。タデ科には800種類もの植物がありますが、そのほとんどがいわゆる雑草であり、食用として栽培されている蕎麦は珍しい種類と言えます。蕎麦は種をまいてからおよそ30日で花が咲きます。さらにその後30日くらいで収穫時期を迎えます。種をまいてから収穫までおよそ60日くらいで収穫できるのです。
気候の順応性が高く、乾燥にも耐えるため干ばつ時の植物としても優秀です。また、土壌の順応力も高く痩せた土地でも厭わず咲きます。それに、酸度にも強いため古くから開墾地の作物として重要視されてきたようです。
蕎麦の花言葉の一つに「あなたを救う」とありますが、貧しかった時代に誰でも早くにその糧を得ることが出来るこの植物の花に添えられた、感謝の言葉なのだと思うのです。

山形県は蕎麦の作付面積が全国第2位(北海道がダントツ1位)なのですが、県内の地域別に見ると庄内地方はあまり多くはありませんでした。(庄内はやはり稲作「庄内米」ですから。)
でも、最近は庄内も休耕田を利用した作付けが増えているようで、あちらこちらで蕎麦畑を見かけるようになりました。

黄金色の稲穂の近くに、真っ白な蕎麦の花。
秋の陽に揺れながら咲く蕎麦の花は、とても優しい白色をしています。
まるで、いつも見守ってくれた人に宛てた手紙のような、なつかしい風が微いでくるような花。

花言葉は、「なつかしい思い出」「喜びも悲しみも」「あなたを救う」「一生懸命」、そして「幸福」です。

 





 







 











 

 






蕎麦畑の畦に紫爪草が・・・、草刈りにめげずに頑張っていました。






稲刈り前の作業をする農家の周りに、驚くほどの数のトンボが乱舞しています。
この白いツブツブ、ゴミではありません。全部トンボです。






稲刈りを待つ田んぼの風景








なつかしい思い出





撮影地
山形県酒田市田沢(旧平田町)

撮影DATE
Nikon  Z 6
Nikkor Z 70-200mm f/2.8 VR S

Nikkor Z MC 105mm f/2.8 VR S
Nikkor Z 14-30mm f/4 S

 



にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ


サブブログです。↓ 随時、更新中

idosan007.hatenablog.com




 
以前のブログです ↓ よろしかったらご覧下さい。

blog.goo.ne.jp

時満ちて、咲く

 

 




多くの植物は、それぞれの種ごとにある一定の季節に決まって花が開くようにできています。人もそれを経験的に感覚的に知っていて、ある花が咲くとその花に季節を感じたりします。
例えば、菜の花が咲くと誰しもが春が来たと感じ、紫陽花が色づきはじめると梅雨の到来を予感したりします。

とは言っても、花たちはその季節が来たからと言っていきなり咲くわけではありません。
花たちはどれも自分が花開く “とき” をよく知っていて、人が知らない間に、ゆっくりとじっくりと少しずつ花開く準備をし、陽の光を求め、時が満ちるのを待ち、そしてその “とき” の風に誘われて、来るときを迎えて花開くのです。

時満ちて咲く花ほど美しい花はありません。

暑い暑い夏の日の中ですが、立秋に入りほんの少しだけ暑さの翳りを感じ、庭の桔梗が花を開きました。




 











NIKKOR Z 85mm f / 1.8 S





↓  以下は6~8月に撮影した花たちです。
道ばたや野や庭に咲く花がきれいだったので撮影したものです。

 


遊佐町の鳥海山麓小道に咲いていたヤマユリ
6月後半になると、山麓だけでなく海岸通りにまで咲きます。




7月後半になるとヤマユリと入れ替わるように車ユリが咲き出します。
これも遊佐町の鳥海山麓で撮影




レンゲショウマは木漏れ日の中に咲きます。NIKKOR Z MC 105mm f / 2.8 VR S





NIKKOR Z MC 105mm f / 2.8 VR S






夏休みが始まるとアサガオが毎日花をつけます。Ai Nikkor 50mm f / 1.2 S





ひまわりは真夏の太陽を感じて咲き始めます。

 

 






撮影DATE
Nikon  Z 6
NIKKOR Z 70-200mm  f / 2.8 VR S

その他は写真下にクレジット

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

 


サブブログ『きおくのかけら』
 ↓ 更新中です

idosan007.hatenablog.com


以前のブログです ↓ よろしかったらご覧下さい。

blog.goo.ne.jp

立秋に入る

 




8月7日(日)から二十四節気の一つである「立秋」に入りました。
暦の上では、この立秋から立冬(今年は11/7)の前日までを「秋」としています。

ただ実際は夏真っ盛りの時期で「秋」なんて考えられないほど暑い時期ではありますが、「立秋」の前の節気が夏の極みの「大暑」ですからそれは当然暑いですよね。
この関係は「大寒」「立春」と同じです。

秋なんて微塵も感じられないような熱風の中に、古の人々はほんの微かに “極まりを過ぎた気配” を感じ「秋が立った」としたのでしょうね。
真夏日や熱帯夜が続き暑さは今がたけなわですが、容赦なく照りつけていた太陽も心なしか日射しを和らげ、朝夕には少しばかり涼やかな風が吹き始めます。草むらからは虫たちの音色が聞こえてきて、高くなってゆく空には時折うろこ雲が姿を見せ始めます。

一つの季節が終わって次の季節が始まる、のではなくて、一つの季節の中から次の季節が生まれてくるんだと感じます。

ヒグラシが鳴き始めました。



 









静かに止まっていたトンボがフッと何かを感じ



飛びました。


(「飛ばなきゃっ!」と本能がそうさせた感じで・・・。)

 

 

 


blog.goo.ne.jp





撮影場所

山形県遊佐町

撮影DATE
Nikon  Z 6
NIKKOR Z MC 105mm f / 2.8 VR S




にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

 


サブブログ『きおくのかけら』
 ↓ 更新中です

idosan007.hatenablog.com


以前のブログです ↓ よろしかったらご覧下さい。

blog.goo.ne.jp